忍者ブログ
1日を有効に使う時短テクニックを紹介していきます!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出かける時間まで少し間があるので、テレビをつけてちょっとニュースをチェックしようとしても、知りたいニュースがちょうどいい時間に流れるわけではない。
5分くらいで効率よく、重要なニュースをチェックする方法があればいいのに。

そこで時短テクニックとして使えるのが、Twitterだ。
今では情報を発信するツールとして使われているだけあって、新聞社、ニュースサイト、経営者、ジャーナリストといったアカウントをフォローすれば、第一級の情報がリアルタイムで入ってくる。

下手なポータルサイトのニュースヘッドラインを見るよりも世の中の動きを簡単に把握できるのだ。




PR
世の中には自分の話しかしないという人間がいるものだ。
そんな人に捕まったときに、えんえんと一方通行な会話を聞かされるものである。かといって露骨に嫌な顔をするのは、社会人として問題がある。
ああ、時間がもったいない。


そんなときには次の 時短 テクニック を。

長引く相手の話に区切りをつけたい場合には、逆に向こうがノってきそうな話をこちらから降ってみるのはどうだろう。

別にヨイショするわけではなく、一番手っ取り早いのは「相談事」だ。

上司に好かれるのは、デキる部下よりも相談してくる部下!という金言があるように、相談事を受けてイヤな気のする人間はいない。


なんならば、”話の腰を折る用に”と相談事のストックをつくっておくのはどうだろう。それで実際の悩み事が解決されれば一石二鳥ではないか。
相手に相談を持ちかけて、相手の一方的な会話や自慢話の腰を断ち切ってみよう。

最後には「参考になりました!それでは!」と立ち去ればいい。



書店に行けば、話題の新刊が平積みでずらっと並んでいる。
読んでみたい気持ちも分かるが、本をレジに持っていく前にちょっと待ってほしい。

中には、あなたの時間を奪うだけのハズレの本だってあるはずだ。時短を極めたい者としては大きな時間泥棒に遭遇してしまうようなものだ。

そんな罠にハマる前に、一つここは既にその本を読まれた方々のレビューを参考にしようじゃないか。

Revilist
「アマゾンの商品のカスタマーレビューを一気に表示するサイトです。
ASIN(アマゾンの商品 ID)や ISBN を指定すると、その商品についての最大100件のカスタマーレビューを一つのページにリストアップします。 」
http://revilist.net/

こちらのサイトの携帯版を利用するもよし、直接Amazonのサイトを覗くもよし、地雷を踏む前にチェックしておいて損はないだろう。


ただし、Amazonのサイトは稀にその本を出版した側のお褒めのレビューもあるので、そこら辺は見抜く力も必要とされる。

気乗りしない飲み会からは早く帰りたいが、なかなか場の雰囲気を壊さず抜けるというのは難しいものだ。

そんなとき、実りの少ない飲み会から抜け出すテクニック第1位は、突然、電話がかかってきたように装い、急用を理由に去るという手だ。
事前に誰か友達にでも決まった時間に電話をかけてくれるように頼んでおくのもいいが、そんなときには、携帯電話の「ニセ着信音」機能を使うといい。

サイドキーをなどを押せば、着信音が鳴りだすものだ。
最近の携帯ではディフォルトで搭載されている機種も多い。

ニセ着信時の画面に出す名前の設定ができたり、ニセの相手がしゃべってくれる機種まである。


Copyright (C) 2018 一日を48時間にするブログ All Rights Reserved.
Photo by (c)Tomo.Yun TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]