忍者ブログ
1日を有効に使う時短テクニックを紹介していきます!
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




キングジム 取扱説明書ファイル(ボックスタイプ) A4ヨコ型 ライトグレー 2643

会社での探し物も大変だが、自宅での探し物に費やす時間も無駄である。時短をしたい者としては大きな時間ロスだ。むしろ人生の無駄使いだ。

とくに、「リモコン」「充電器(携帯やスマホなどの)」「家電のトリセツ」などは、かなりの確率で見失ってしまうし、なかなか見つかりにくい。


そこで整理の基本は、とにかく置く場所を決めておくことを肝に銘じてほしい。

以下のようなグッズなりを使って、とにかくどこかに適当に置かずに、置く場所を決めることだ。




BlueLounge Refresh 携帯電話・iPod・ゲーム機充電トレイ White BLD-RF-WT

また、説明書などは、同じ説明書同士で保管しておく場所、またはファイルなどを導入するといいだろう。

「アレがあるのはいつもの場所」を作ることも、探し物のための時間を短縮することにつながる。こういったことは日々の習慣づけが必要だろう。



PR

ソニー タブレット WiFi Sシリーズ メモリ16GB SGPT111JP/S


YOUTUBEに、2ちゃんねるに、Twitterと、ネットは見始めたら止まらない誘惑がいっぱいである。明日も早いのに、気が付けば既に深夜になっていたということもよくある話だ。

そんなだらだらとしたネットサーフィンをしないための時短方法として、強制的にネットをシャットアウトするためのツールが存在する。本来は、なかなか眠らない子供に対して親が仕込むものらしいのだが、これも自己管理の手段の一つと言えよう。

例えば、「Pit」


簡単な設定で、Webブラウザの利用を時間帯で制限できるソフト 「Pit 」
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/080426/n0804263.html


「Pit」は、あらかじめ設定した時刻になると、Webブラウザと特定のアプリケーションを自動的に停止する“利用時間制限”ソフト。



利用時間外には、ブラウザを起動することが出来なくなるので、ネットは深夜0時まで、などというルールに強制力を持たせることが出来るというわけだ。


ブラウザがシャットアウトされた時点で、寝る時間へと気持ちを切り替えることが出来るのだ。


高性能デジタル精密秤★ポケットスケールSF-700★最小単位0.01gPCS機能搭載 サーチ機


整理整頓が苦手な方は、整理しなければと考えすぎるあまりに処理能力オーバーになってしまう人が多い。むしろ完璧主義者寄りの人だ。

そんな人の向けの時短テクニックとしては、とにかく机の上のものを全部ひとつの大きな箱に入れてしまうといいだろう。
それならば、ほとんど時間はかからないし、机の上は完璧に片付くので、作業効率には大きな差が出るはず。机の上が汚いと、どうしても気が散ってしまい効率が下がってしまう。とにかく一度に机の上をクリーンアップするのも手だろう。



また、この手を使うと、あとで探すときに時間がかかってしまうと思われる方もいるだろう。
しかし、箱の中に必ずあるということが分かっているというのは、逆に考えればどこに置いてしまったか分からなくなったメモなどを、部屋中探しまくるよりも時間短縮につながるのだ。
箱の中に入れたのは確実なのだから、箱の中だけを探せばよい。

それに机の上という平面よりも、箱という立体の中に入っている方が探し物も楽なのだ。

PREV ←  HOME

Copyright (C) 2018 一日を48時間にするブログ All Rights Reserved.
Photo by (c)Tomo.Yun TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]